東電、青森・東通村への寄付表明 18年度2億円、19年度も検討

 東京電力ホールディングスが東通原発の建設を進めている青森県東通村に、企業版ふるさと納税制度を利用して約4億円を寄付する方針を固めていることに関し、宗一誠常務執行役は29日、越善靖夫村長に対し、村の2018年度事業に約2億円を寄付すると明らかにした。19年度事業でも検討するとしており、残り約2億円を寄付するとみられる。

 寄付理由について宗氏は「地域の一員として社会的責任を果たすため」などと説明。越善村長は「村の立場を理解し、それに応えてくれた」と述べた。

 村は18~19年度に、総事業費約8億円で移住促進や教育環境整備に取り組むとしている。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ