有機化学の中西香爾氏が死去 米コロンビア大名誉教授

 生物が作るさまざまな有機化合物の構造を解明した化学者で、ノーベル化学賞候補にも名前が挙がっていた米コロンビア大名誉教授の中西香爾(なかにし・こうじ)氏が米国内で現地時間28日、死去した。93歳、香港生まれ。

 1947年に名古屋大を卒業。名古屋大助教授や東北大教授を経て、69年に米コロンビア大教授。2007年文化勲章、10年に名古屋大特別教授。

 海で発生する赤潮の原因となる藻類の毒素など約200種類の天然化合物を発見。赤外線や紫外線を駆使し、構造を突き止めた。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ