FB、ネット規制を容認の声明 「政府は積極的役割を」

 【ニューヨーク共同】米交流サイト大手のフェイスブック(FB)のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は30日、声明で「私たちは政府や規制当局のもっと積極的な役割を必要としている」と述べ、各国にインターネットの規制強化を呼び掛けた。自由な言論空間であるネットに政府が介入することを容認した形だ。

 FBを巡る個人情報の不正利用などをきっかけに世界各国で規制強化論が強まっており、FBへの不信感を払拭したい考えとみられる。

 ザッカーバーグ氏は規制が必要な分野として、人種差別などの有害なコンテンツや選挙広告、プライバシーを挙げた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ