大塚家具が株主総会、新体制承認 社長と父親との和解促す意見も

 経営再建中の大塚家具は31日、東京都内で定時株主総会を開き、取締役7人のうち大塚久美子社長ら2人を除く5人が交代する人事など、全ての議案が承認された。続投する久美子社長は総会後、記者団の取材に応じ「株主からは厳しい意見も多く頂いた。業績回復に向けてスピードを上げて施策を実行していきたい」と述べた。

 大塚家具や出席者によると、総会では株主から創業者で久美子社長の父親である大塚勝久氏との和解を促す意見も出されたという。出席した京都市の男性(44)は「電子商取引(EC)サイトとか海外とか期待できると感じた。頑張ってほしい」と話した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ