埼玉で6歳未満の女児が脳死 大阪大などで臓器移植へ

 日本臓器移植ネットワークは4日、急性脳症で埼玉県立小児医療センターに入院していた6歳未満の女児が3日午後5時6分、臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。家族が臓器提供を承諾した。6歳未満の脳死の公表は12例目。

 心臓は大阪大病院で10歳未満の男児、肝臓は自治医大病院(栃木県)で10歳未満の男児、腎臓は東京女子医大病院で10代男性にそれぞれ移植。

 両親は移植ネットを通じ「誰にでも優しく、誰にでも笑顔を向け、元気を与えられる子でした。家族の決断がどこかで命を救い、笑顔あふれる人生となるよう祈っております」とのコメントを出した。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ