女性自認の学生受け入れへ 福岡の筑紫女学園大が検討

 福岡県太宰府市の私立女子大、筑紫女学園大は4日、戸籍上は男性でも自身の性別を女性だと認識しているトランスジェンダーの学生を受け入れる検討を始めたと発表した。受け入れ時期などの詳細を2019年度中に決める方針だ。同大によると、トランスジェンダーの受け入れ検討を公表したのは、九州の女子大で初めてという。

 トランスジェンダーの受け入れを巡っては、お茶の水女子大(東京)が20年4月に始めると既に公表している。さらに、奈良女子大(奈良市)や津田塾大(東京)など複数の女子大が入学を認める方向で検討を進めており、対応する動きが広がっている。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ