北陸新幹線、6新駅デザイン公表 23年開業の金沢―敦賀間

北陸新幹線金沢―敦賀開業で新設される6駅の外観デザイン。(左から右へ、上段から下段へ)石川県の小松駅、加賀温泉駅、福井県の芦原温泉駅、福井駅、南越駅(仮称)、敦賀駅(鉄道建設・運輸施設整備支援機構提供) 拡大

北陸新幹線金沢―敦賀開業で新設される6駅の外観デザイン。(左から右へ、上段から下段へ)石川県の小松駅、加賀温泉駅、福井県の芦原温泉駅、福井駅、南越駅(仮称)、敦賀駅(鉄道建設・運輸施設整備支援機構提供)

 2023年春予定の北陸新幹線金沢―敦賀(福井県)開業に向けて、建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構は16日、石川、福井両県に新設される6駅のデザインを公表した。駅が立地する地域それぞれの歴史や文化、自然を外観と内観で表現している。

 北陸新幹線は15年に開業した金沢駅から関西方面に約125キロ延長。石川県内に小松駅と加賀温泉駅、福井県内に芦原温泉駅、福井駅、南越駅(仮称)、敦賀駅が整備される。

 福井駅のコンセプトは「太古から未来へ~悠久の歴史と自然がみえる駅」。外観は木調とガラスを組み合わせ、コンコースに県産木材と和紙を使用する。