塚田一郎氏が新潟県連会長を辞任 忖度発言「けじめ」と引責

 下関北九州道路の整備を巡り安倍晋三首相らの意向を「忖度した」と発言して事実上更迭された塚田一郎元国土交通副大臣(参院新潟選挙区)が17日、自民党新潟県連会長を引責辞任した。塚田氏が申し出て、県連幹部が同日に会合を開いて了承した。当面、会長職は空席となる見通しだ。

 塚田氏は辞任決定後に「ご迷惑を掛けた。支援者におわびを続けねばならず、職責の全うが難しいと改めて判断した。県民の皆さまの批判も多く、けじめをつけたい」と新潟市内で述べた。今夏の参院選には予定通り出馬するとした。

 塚田氏は、県連会長職の進退を県連側に相談したが、県連内では続投論が大勢だった。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ