【やさしい日本語】熊本(くまもと)の「阿蘇山(あそさん)」でちいさな噴火(ふんか)があった

熊本 (くまもと) (けん) にある 「阿蘇山」 (あそさん) は  火山 (かざん) です。

阿蘇山 (あそさん) で、4月 (がつ) 16 (にち) に   (ちい) さな  噴火 (ふんか) が  ありました。

噴火 (ふんか) とは、火山 (かざん) が  爆発 (ばくはつ) して   (いし) や   (はい) が   () () すことです。

(たか) さ  200メートルぐらいまで  けむりが   () がりました。
けがをした (ひと) は、いませんでした。

(まえ) に   (やま) が  噴火 (ふんか) したのは、2016年  10月 (ねんがつ) でした。

(いま) は、火山 (かざん) の   () (ぐち) の   (ちか) くに   () くことができません。

気象台 (きしょうだい) は、噴火 (ふんか) したところの   (ちか) くでは「火砕流 (かさいりゅう) 」や、 () んでくる   (いし) に   () をつけるように   () っています。

火砕流 (かさいりゅう) とは、 (あつ) い   (いし) や   (はい) が   (はや) く   (なが) れることです。

阿蘇 (あそ) () の   (ひと) は「しばらく、ようすを () ています」と (はな) しました。


(もと) 記事 (きじ) こちら

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ