相模原市議選、くじ落選に異議 7日投票、無効票の数票を得票と

 7日投票の相模原市議選の中央区選挙区で、くじ引きで落選した無所属新人の松浦千鶴子氏(45)が18日、市選挙管理委員会に異議を申し立てた。無効票とされたものの中に「まつうらちかこ」「まつうらちか子」と書かれたものが数票あったとしている。

 中央区選挙区では共産党現職の松永千賀子氏(64)も立候補しており市選管は内容を審議して30日以内に結果を伝える。記者会見した松浦氏は「まつうらと書かれた票は私の得票と認められるべきだ」と話した。

 中央区選挙区の最下位当選となる17番目の3158票で松浦氏と共産党新人の今宮祐貴氏(34)が並び、くじの結果今宮氏が当選した。