親ロシア派支配地域の住民に国籍 プーチン氏が大統領令署名

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は24日、親ロシア派武装勢力が一部を実効支配するウクライナ東部ドネツク、ルガンスクの両州の住民がロシア国籍を簡素な手続きで取得できるようにする大統領令に署名した。ロシア大統領府が発表した。

 ウクライナ東部2州に対してロシアが影響力を強める動きで、ウクライナのクリムキン外相は24日「ロシアによるウクライナへの攻撃の続きであり内政干渉だ」とツイッターで非難した。

 ウクライナでは対ロシア強硬派のポロシェンコ大統領が大統領選決選投票で敗れ、ゼレンスキー氏が5月中にも新大統領に就任する。政権移行期にロシアが揺さぶりをかけた形。