女子中学生襲われ頭から血 鹿児島、命に別条なし

女子中学生が襲われた現場付近を警戒する警察官=26日午後0時38分、鹿児島県出水市 拡大

女子中学生が襲われた現場付近を警戒する警察官=26日午後0時38分、鹿児島県出水市

 26日午前7時25分ごろ、鹿児島県出水市で女子中学生が襲われ、頭から血を流していると119番があった。県警によると、女子中学生は病院に搬送されたが、意識はあり命に別条はないという。けがの程度は不明。

 市教育委員会などによると、女子中学生は1人で登校中だった。襲撃したのは面識のない男で、現場から逃走。捜査関係者によると、県警は関与した疑いのある人物の身柄を確保した。傷害と強制わいせつの疑いで捜査し、容疑が固まり次第、逮捕する。

 現場は住宅が点在する地域。近くに勤務する男性(35)は「現場付近は人通りが少なく、普段は静かな場所だ」と話した。