富士山麓165キロ走破へ 46時間内に、静岡でスタート

静岡県から山梨県を結ぶ富士山麓を走破する「ウルトラトレイル・マウントフジ」でスタートする参加者=26日正午、静岡県富士市 拡大

静岡県から山梨県を結ぶ富士山麓を走破する「ウルトラトレイル・マウントフジ」でスタートする参加者=26日正午、静岡県富士市

 静岡県から山梨県を結ぶ富士山麓の約165キロを46時間以内に走破する国際大会「ウルトラトレイル・マウントフジ」が26日始まり、約40カ国・地域からの参加者約2400人が静岡県富士市をスタートした。

 コースの7割が舗装されていない山道や林道で、千メートル級の山を何度も越え、累積標高差は7942メートルになる。静岡、山梨両県の8市町村を通り、山梨県富士河口湖町のゴールを目指す。昨年の完走率は72・8%だった。

 今年7回目で、静岡側からの開始は昨年に続き2回目。昨年は約170キロと約90キロの2コースを同時に開催していたが、今回は長いコースのみとなった。