サラリーマンも⻭が命

木村 貴之

 「芸能⼈は⻭が命」―。少し古くさい響きだが、最近、ある場所で、このコピーがふと頭をよぎった。ネットで調べると、コピーは1990年代前半、俳優の⽯⽥純⼀さんと東ちづるさんが出演した美⽩⻭磨きのテレビCMで登場。それから四半世紀近くが過ぎた。

 実は、その場所はデンタルチェアーだった。右上の奥⻭が突然痛み、福岡市の⻭科医院へ。痛みの原因は、重度の⻭周病による⻭根部分の炎症。治すには抜⻭しか道はないという。併せて勧められたのは抜⻭後のインプラント(⼈⼯⻭根)療法。健康保険適⽤外のため、かなり⾼額になるらしい。

 宣告にがくぜんとした。酒、たばこ、夜更かし…。⽇頃の不摂⽣を後悔しても始まらない。現実を受け⽌めるしかないだろう。しかし、できれば抜かずに残したい。ネットを検索すると、⾍⻭のない親知らずを⽣かす「⻭⽛移植」、特殊な薬剤を患部に⼊れて⻭周組織を再⽣する「エムドゲイン療法」…と、他の道もある気がする。われながらなんと往⽣際の悪い男だろう。

 ⻭にまつわる話は、映画に多い。今村昌平監督の「楢⼭節考(ならやまぶしこう)」(1983年)で、坂本スミ⼦さん演じる⽼⼥が⾃ら岩にぶつけて⻭を折る場⾯。坂本さんは事前に前⻭を削り、この撮影に備えたという。役作りで⾃ら⻭を痛めた役者は少なくない。「野獣死すべし」(80年)で松⽥優作さんは奥⻭を、「JOKER 疫病神」(98年)で北村⼀輝さんは前⻭9本を抜いたらしい。ハリウッドでは「ケープ・フィアー」(91年)のロバート・デ・ニーロさん、「ファイト・クラブ」(99年)のブラッド・ピットさんもそうだ。

 役者だけじゃない。最近、世界に衝撃が⾛った北朝鮮の故⾦正⽇(キム・ジョンイル)総書記の⻑男、正男(ジョンナム)⽒が暗殺された事件に関連して、某⼣刊紙が17⽇にネット配信したニュース。事件では⼥2⼈が逮捕されたが、同紙はかつて北朝鮮で英雄視されたという⼥⼯作員について「韓国潜⼊時に⽼⼥に⾒せかけるため、⾃分の⻭を全部抜いた」と伝えた―。

 ミッションを遂⾏するためには、⾃分の⻭を傷つけたり、形状をコントロールしたりすることを厭わないつわものが、世界にはいるわけだ。それを考えると「たかが⻭⼀本」で騒ぐ⾃分が情けなくもなる。

 

 さて、問題は右上奥⻭を抜くのか、抜かないのか。「バリカタ」の博多ラーメンやもつ鍋、焼き⿃の砂肝…。料理の⻭応えをできる限り永く楽しみたいと願うなら、やはり⻭科医の勧めを受け⼊れるべきなのか。サラリーマンも⻭が命。そろそろ結論を出さなくては。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ