東証続落、2万2千円割れ 米中摩擦再燃で335円安

 令和初の取引となった10連休明け7日の東京株式市場は、世界経済の減速懸念が再燃して売りが優勢となり、日経平均株価(225種)は大幅続落した。終値は連休直前の4月26日と比べ335円01銭安の2万1923円72銭となり、節目の2万2000円を下回り、約1カ月ぶりの安値を付けた。

 1989年1月9日の平成初日の相場は、終値が468円高と大幅上昇だったのに対し、令和相場は米中貿易摩擦に揺さぶられる波乱の幕開けとなった。

 東証株価指数(TOPIX)は18・09ポイント安の1599・84。出来高は計約15億6400万株。

関連記事

PR

開催中

2022酒器展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月24日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR