北朝鮮また発射、弾道ミサイルか 飛翔体2発、交渉膠着米韓けん制

ソウル駅に設置されたテレビで、北朝鮮の飛翔体発射のニュースを見る市民=9日(共同) 拡大

ソウル駅に設置されたテレビで、北朝鮮の飛翔体発射のニュースを見る市民=9日(共同)

北朝鮮が飛翔体を発射し、記者に囲まれる安倍首相=9日夕、首相官邸

 【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は9日、北朝鮮が同日午後4時29分から49分(日本時間同)にかけ、北西部平安北道・亀城から短距離ミサイルとみられる飛翔体2発を東方に向けて発射したと明らかにした。飛距離はそれぞれ約420キロ、約270キロだったと推定。国連安全保障理事会決議に違反する短距離弾道ミサイルの可能性がある。韓国軍関係者は2発とも飛行高度が約50キロで、日本海に落下したと説明した。北朝鮮は今月4日にも複数の飛翔体を発射している。

 北朝鮮の相次ぐ発射は、軍事力強化を誇示して米韓をけん制し、膠着状態が続く非核化交渉を優位に進める狙いがあるとみられる。

PR

PR

注目のテーマ