日米、弾道ミサイルと断定 北朝鮮、安保理決議に違反

9日、「前線・西部戦線防御部隊」の火力打撃訓練を視察する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同) 拡大

9日、「前線・西部戦線防御部隊」の火力打撃訓練を視察する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 【ワシントン、北京共同】米政府は9日(日本時間10日)、北朝鮮が9日発射した飛翔体は複数の弾道ミサイルだったと断定した。米当局者が明らかにした。トランプ米大統領はホワイトハウスで記者団に「誰も喜んでいない」と述べ不快感を表明。岩屋防衛相も10日の記者会見で、短距離弾道ミサイルだとの分析を発表、「国連安全保障理事会決議に明白に違反しており、誠に遺憾だ」と述べた。

 北朝鮮国営メディアは10日、金正恩朝鮮労働党委員長が9日に「前線・西部戦線防御部隊」の火力攻撃訓練を指導、「長距離攻撃手段」が使われたと報じた。

PR

PR

注目のテーマ