青森県知事選が告示 現職と新人が届け出

佐原若子氏(左)、三村申吾氏 拡大

佐原若子氏(左)、三村申吾氏

 任期満了に伴う青森県知事選が16日告示され、いずれも無所属で、新人の歯科医師佐原若子氏(65)と現職の三村申吾氏(63)=公明推薦=が立候補を届け出た。6月2日に投開票される。

 4期16年にわたる三村県政の評価や、県が推進してきた原発や核燃料サイクル政策継続の是非が主な争点。自民党県連が三村氏を推すのに対し、立民、国民、共産、社民各党の地方組織が自主的に佐原氏を支援する。

 三村氏は県庁近くで、これまでの行財政改革や農産品輸出拡大の実績を強調。

 佐原氏は、JR青森駅で「東京電力福島第1原発事故から学ばないといけない」として原発ゼロへの方針転換を訴えた。

PR

PR

注目のテーマ