「凍天」メーカー破産開始、福島 原発事故で風評被害

女性に人気のもち菓子「凍天」 拡大

女性に人気のもち菓子「凍天」

 福島県特産のしみ餅を使ったオリジナル商品「凍天」で知られる同県南相馬市の餅菓子製造・販売会社「木乃幡」が16日までに、仙台地裁から破産手続きの開始決定を受けた。帝国データバンクによると、決定は10日付で、負債額は2018年6月期決算で約7億7400万円。

 同社は1965年創業。本店工場が東京電力福島第1原発事故の避難区域にあり、風評被害で売り上げが落ち込んだ。14年に宮城県名取市に新工場を設置したが業績改善の見通しが立たず、今年4月20日までに事業を停止した。

PR

PR

注目のテーマ