リクシル「委任状争奪戦は回避」 前社長が意向

 住宅設備大手LIXIL(リクシル)グループのトップ復帰を目指す前社長兼最高経営責任者(CEO)の瀬戸欣哉取締役は16日、東京都内で記者会見し、6月に開かれる株主総会での取締役選任を巡り、会社側と株主の議決権を奪い合う委任状争奪戦は「したくない」と述べ、回避する意向を表明した。

 瀬戸氏らのグループは、瀬戸氏を含め8人の取締役候補を株主提案している。これに対し、会社側は13日に8人の取締役候補を発表した。双方の8人のうち2人は重なっているため、候補者は計14人になる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ