米大統領、移民制度を選挙争点に 英語力など重視の改革案を発表

16日、ホワイトハウスで移民制度改革案について説明するトランプ米大統領(AP=共同) 拡大

16日、ホワイトハウスで移民制度改革案について説明するトランプ米大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は16日、能力や技術を持つ人を優先的に受け入れる新たな移民制度改革案を発表した。議会下院の過半数を握る民主党は受け入れない見通しで、不法移民対策を掲げるトランプ氏は来年の大統領選、議会選で移民問題を争点にしたい考えだ。

 トランプ氏は「民主党は開かれた国境、低賃金、無法状態のカオスを提示している」と主張し、改革案は「米国の労働者の賃金と安全を第一に考えている」と訴えた。

 米政府高官は米メディアに、移民制度を「能力ベース」に変え、英語力や高度な専門知識、技術を持つ人の割合を増やすことを狙うと説明した。

PR

PR

注目のテーマ