【★どうがあり★やさしい日本語】ながさきけんに ある 「しろ」に とまることが できるようになる

ひらどじょうのたてもの 拡大

ひらどじょうのたてもの

長崎(ながさき) (けん) に  ある「平戸(ひらど) (じょう) 」は  1718(ねん) に  できました。

この 城(しろ) を  旅館(りょかん) にする  計画(けいかく) が  あります。

観光(かんこう) する  外国人(がいこくじん)

 

 

 

 

) に  () てもらいます。

日本(にっぽん) で  はじめての「() まることが  できる  (しろ) 」になりそうです。

2(かい) () ての建物(たてもの) を、() まることが  できるようにします。

建物(たてもの) は、1977(ねん) に  (つく) (なお) されました。(あか) くて  (おお) きな  (はし) や、(うみ) が  () えます。

どんな  部屋(へや) にするかは、これから  () めます。

平戸(ひらど) () は、2020 (ねん ) 7(がつ) ごろから  (しろ) に  () まることが  できるようにしたいと  (かんが) えています。

平戸(ひらど) () の  (ひと) は「来年(らいねん) 、  日本(にっぽん) で  オリンピックが  あります。(しろ) に  () まることが  できる  ニュースを  ひろめたいです。たくさんの  (ひと) に  平戸(ひらど) に  () てほしいです」と  (はな) しています。

日本(にっぽん) の  政府(せいふ) は、() まることが  できる  (しろ) を、いろいろなところに  つくりたいと  (かんが) えています。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

PR

PR

注目のテーマ