長野の旧開智学校を国宝指定へ 文化審、重文に永平寺や東本願寺

長野県松本市の旧開智学校校舎 拡大

長野県松本市の旧開智学校校舎

 国の文化審議会は17日、明治初期に建てられた旧開智学校校舎(長野県松本市)を国宝に、曹洞宗大本山の永平寺(福井県永平寺町)や真宗本廟東本願寺(京都市)など6件の建造物を新たに重要文化財に指定するよう柴山昌彦文部科学相に答申した。明治以降の学校建築の国宝指定は初めて。近く答申通り指定され、建造物の重要文化財は2503件(うち国宝227件)となる。

 旧開智学校校舎は1876年に完成。幕末から明治初期ごろに流行した「擬洋風建築」で、正面玄関や等間隔に配置された縦長窓などに洋風の特徴を持つ一方、外壁に日本の伝統的なしっくい塗りの技術を使っている。

PR

PR

注目のテーマ