高校の学び、脱画一化を提言 政府の教育再生実行会議

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫前早稲田大総長)は17日、高校生の7割が在籍する普通科改革などを柱とする第11次提言をまとめ、官邸で安倍晋三首相に提出した。全国の高校に「グローバルに活躍するリーダー育成」といった教育の目標を明確にしてもらい、その特色ごとに普通科を分類。大学受験を念頭に置いた指導が主で、画一的とされる普通科の学びを改革し、人工知能など技術革新に応じた学びの推進も図る。

 文部科学省は今後、具体的な制度の検討を進める。安倍首相は「令和という新しい時代に初めていただいた重要な提言だ。示された方策に基づき、教育再生を着実に実行する」と述べた。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ