厄介ながん見つける目印に 金沢大発見のペプチド

 転移したり、薬が効かなくなったりしたがんに集まりやすいとみられる、少数のアミノ酸が結合した「ペプチド」を発見したと、金沢大の酒井克也助教(分子生物学)らのチームが17日付で科学誌ネイチャー・ケミカル・バイオロジーに発表した。厄介ながんを見つける目印として使えれば、画像診断の性能を向上させられるという。

 酒井氏らは、がん細胞の転移を促したり、抗がん剤への抵抗性を強めたりするタンパク質「HGF」に結合するペプチドを狙って、探し出した。

PR

PR

注目のテーマ