韓国、光州事件39年で政府式典 軍発砲で民主化運動弾圧

光州事件の追悼式典で演説する韓国の文在寅大統領=18日、韓国・光州(共同) 拡大

光州事件の追悼式典で演説する韓国の文在寅大統領=18日、韓国・光州(共同)

光州事件から39年となった18日、韓国・光州で開かれた政府主催の追悼式典(共同)

 【光州共同】韓国南西部・光州で1980年、民主化を求めた市民らに軍が発砲するなどして160人以上が殺害された光州事件の発生から39年に当たる18日、政府主催の追悼式典が光州の国立墓地で開かれた。文在寅大統領は「公権力が光州で行った野蛮な暴力と虐殺に対し、大統領として国民を代表し改めて深く謝罪する」と述べた。

 当時、民主化要求デモが本格化した光州には軍の特殊部隊が投入された。国軍保安司令官として鎮圧を指示した全斗煥元大統領は97年、事件に絡んだ内乱罪などで無期懲役の判決が確定し、その後特赦で出所した。