池袋暴走の元院長が退院 警視庁が署で任意聴取

任意の事情聴取を終え警視庁目白署を出る、東京・池袋で乗用車が暴走し母子が死亡した事故で、運転していた飯塚幸三氏(中央)=18日午後 拡大

任意の事情聴取を終え警視庁目白署を出る、東京・池袋で乗用車が暴走し母子が死亡した事故で、運転していた飯塚幸三氏(中央)=18日午後

旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長を事情聴取している警視庁目白署=18日午後 事故現場で大破した乗用車を調べる捜査員=4月19日、東京都豊島区

 東京・池袋で乗用車が暴走し母子2人が死亡した事故で、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が18日に病院を退院したことが捜査関係者への取材で分かった。元院長はその後、警視庁目白署で任意の事情聴取を受けた。関係者によると、目白署に入る際、報道陣の問い掛けに「申し訳ございません」と話したという。

 飯塚元院長は、事故で胸の骨を折る重傷を負い、入院していた。捜査関係者によると、これまでも任意の事情聴取を受けており、「ブレーキをかけたが利かなかった」と説明している。

 ただ警視庁は、アクセルとブレーキを踏み間違えた可能性が高いとみている。