北海道の泊村長が衝突事故 バイクの男性軽傷

 17日午後5時半ごろ、北海道泊村の国道229号で、同村の牧野浩臣村長(72)の乗用車と、村内の30代男性のオートバイが衝突した。男性は左肩打撲などの軽傷を負い、牧野村長にけがはなかった。

 岩内署によると、現場は片側1車線の緩いカーブ。牧野村長の車が道路脇の村商工会館の敷地に入ろうと右折したところ、対向車線を直進してきたオートバイと衝突した。署が詳しい状況を調べている。