屋久島で孤立260人超か 九州南部に局地的大雨

傘を差して交差点を渡る人たち=18日午後、宮崎市 拡大

傘を差して交差点を渡る人たち=18日午後、宮崎市

 宮崎県や鹿児島県(奄美地方を除く)で18日、局地的に非常に激しい雨が降った。鹿児島県屋久島町では同日夕までの半日で291ミリの降水量を観測。屋久島の登山口近くの県道が陥没するなどし、県や町によると登山者ら少なくとも計262人が孤立した。全員無事とみられるが二次災害を避けるため、救助は天候を見極めつつ19日に行うことになった。同日にかけて土砂災害への警戒が必要だ。

 気象庁は18日夕、レーダー解析の結果、屋久島で1時間に約120ミリの猛烈な雨が降ったとみられるとして「記録的短時間大雨情報」を発表。「防災対応支援チーム」の職員を鹿児島県庁に派遣した。