外貨を電子地域通貨に、塩釜

共同通信

JR本塩釜駅に設置された「竈コイン」にチャージできる機械 拡大

JR本塩釜駅に設置された「竈コイン」にチャージできる機械

 宮城県塩釜市で、スマートフォンを使い、市内の飲食店など30店舗余りでキャッシュレス決済できる電子地域通貨「竈コイン」の実証実験が3月に始まった。外貨をそのまま交換できるのが特徴で、地域内の消費拡大や外国人旅行客の誘致促進につなげたい考えだ。

 スマホにアプリをダウンロードし、JR仙台駅、本塩釜駅などにある専用の機械に現金を投入してコインをチャージする。日本円のほか、米ドルや中国元など九つの通貨にも対応。余ったらJR東日本のSuica(スイカ)にも交換できる。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ