米、中東和平へ経済会合

共同通信

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスは19日、中東バーレーンの首都マナマで6月25、26両日に「繁栄への平和」と題した経済会合を開催すると発表した。トランプ政権が目指す中東和平構想の一環と位置付け、パレスチナ自治区の振興策などについて中東各国の指導者や企業関係者らと協議する。

 米政権は6月にも新たな中東和平案を発表する見通し。会合を通じて和平案の経済的メリットをアピールし、和平実現へ弾みを付けたい考えとみられる。

PR

PR

注目のテーマ