トランプ米大統領が威嚇

共同通信


                  16日、ペルシャ湾上の米空母エーブラハム・リンカーンから発艦するF18戦闘機(米海軍提供・AP=共同)
                拡大

16日、ペルシャ湾上の米空母エーブラハム・リンカーンから発艦するF18戦闘機(米海軍提供・AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は19日「もしイランが戦いたいなら、それはイランの正式な終わりとなるだろう。米国を二度と脅すな!」とツイッターに投稿し、イランを威嚇した。

 米国とイランの軍事的緊張が懸念される中、トランプ氏は16日、イランとの戦争は「望まない」と記者団に述べていた。

 米海軍の中東を管轄する第5艦隊は19日、湾岸協力会議(GCC)の加盟国がペルシャ湾の公海で18日からパトロールを強化したと発表。イラン情勢緊張を受けた措置とみられ、第5艦隊は声明で「GCC諸国は海上の安全保障のため、協力を強化している」とした。

PR

PR

注目のテーマ