台湾の蔡総統、中国攻勢に反発

共同通信


                  20日、台北市の総統府で記者会見する台湾の蔡英文総統(共同)
                拡大

20日、台北市の総統府で記者会見する台湾の蔡英文総統(共同)

 【台北共同】台湾独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文総統は20日、総統府で政権発足3年に合わせた記者会見を開き、中国の習近平指導部による中台統一の攻勢を批判した上で、改めて現状維持を主張した。来年1月の総統選に向け苦戦する中、政権の年金改革などの成果を誇示し、再選に自信を示した。

 蔡氏は「中国は強大で『(異なる政治体制の併存を認める)一国二制度』を声高にわめいている。だが、私たちの国家は民主、自由、人権を有する中華民国台湾だけだ」と強調。習国家主席が呼び掛けた一国二制度による台湾統一を断固拒否する姿勢を表明し、今後も「台湾の立場」を主張していくとした。

PR

PR

注目のテーマ