米企業、取引停止が拡大

共同通信


                  中国・広東省にある華為技術(ファーウェイ)の店舗に表示されたロゴ=3月(AP=共同)
                拡大

中国・広東省にある華為技術(ファーウェイ)の店舗に表示されたロゴ=3月(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】トランプ米政権による中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への禁輸措置を受け、米企業がファーウェイへのソフト提供や電子部品の出荷を停止する動きが広がってきた。ファーウェイに打撃を与える一方、取引がある米企業も業績悪化は避けられない見込みで、ニューヨーク株式市場ではハイテク企業の株価が軒並み低下。日本企業にも影響が広がる可能性がある。

 米商務省は20日、通信ネットワークの保守など一部業務に限って禁輸措置を90日間猶予すると発表。企業や個人への悪影響を考慮したが、猶予対象は限定されている。

PR

PR

注目のテーマ