柔道グランプリ大会へ阿部ら出発

共同通信


                  柔道のグランプリ大会への出発前に取材に応じる阿部詩=21日、成田空港
                拡大

柔道のグランプリ大会への出発前に取材に応じる阿部詩=21日、成田空港

 柔道のグランプリ大会(24~26日・フフホト=中国)に出場する日本代表が21日、成田空港から出発し、世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)で2連覇を目指す女子52キロ級の18歳、阿部詩(日体大)は「研究され、我慢しなければならない場面が多くなると思うが、内容を求めたい」と意気込みを語った。

 冬場から左肩を痛め、昨年11月のグランドスラム大阪大会以来の実戦となる。状態はまだ7、8割で、半年も試合間隔が空いた経験はないというが「自分の柔道の感覚が戻ってきたので大丈夫」と力強い。来年の東京五輪も意識し「五輪前も同じことは考えられる」と語った。

PR

PR

注目のテーマ