東京円、110円台前半

共同通信

 21日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=110円台前半で取引された。

 午前10時現在は、前日比04銭円安ドル高の1ドル=110円15~16銭。ユーロは07銭円安ユーロ高の1ユーロ=122円98~99銭。

 米中貿易摩擦への懸念から相対的に安全な資産とされる円を買う動きがある一方で、日米金利差の拡大を意識した円売りのムードもあり、大きな方向感は出なかった。

 市場では「日中の株価をにらんだ展開となる」(外為ブローカー)との指摘があった。

PR

PR

注目のテーマ