4月マンション発売39%減

 不動産経済研究所が21日発表した首都圏(1都3県)の4月のマンション発売戸数は前年同月比39・3%減の1421戸で、4カ月連続の減少となった。4月としては1992年の1365戸以来、27年ぶりの低水準だった。価格が高止まりし、購入者の動きが鈍いことや、大型連休で発売時期をずらした影響が出たもようだ。

 業者が在庫の販売に注力した側面もあるという。5月の発売戸数は2500戸を見込む。

 4月発売のうち月末までに売れた割合を示す契約率は64・3%で、前月から低下した。1戸当たりの平均価格は5895万円だった。

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR