ローマ字姓名順表記に慎重

共同通信

 菅義偉官房長官は21日の記者会見で、柴山昌彦文部科学相が日本人名のローマ字表記を国内で一般的な「名・姓」の順から「姓・名」順に変更するよう求めていることに関し、慎重な対応が必要だとの認識を示した。「これまでの慣行など考慮すべき要素が多々ある。まずは関係省庁で何ができるかを検討することが大事だ」と述べた。

 2000年に国語審議会が「姓・名の順が望ましい」と答申した際、文化庁が政府機関や都道府県などに周知を図ったと指摘。その上で「現実にはご承知のような状況だ」と述べ、早急に浸透させるのは難しいとの考えも示した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ