台湾、実効支配の島で訓練

共同通信

 【太平島共同】台湾独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権は21日、南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島内最大で台湾が実効支配する太平島で、海岸巡防署の艦船による海難救助や医療チームの負傷者治療の訓練を実施、内外メディアに公開した。太平島に軍事施設は設置されていない。

 中国の習近平指導部が南シナ海の軍事拠点化を加速する中、蔡政権は同島で人道的活動の訓練を公開することで、南シナ海での国際協調姿勢をアピール。訓練を視察した軍医は「中国だけが島や礁をコンクリートで拡張し、軍事化を進めている。台湾を含めた他の関係国は平和的利用を目的としている」と述べた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ