米中貿易協議不調で禁輸か

共同通信

 【ワシントン共同】米ブルームバーグ通信は21日、トランプ米政権が中国との前回の貿易協議が不調に終わったことを受け、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への禁輸措置発動に踏み切ったと伝えた。数カ月間、制裁を検討してきたが、貿易協議への悪影響を懸念して結論を先送りしてきたという。

 だが、中国が知的財産権侵害など構造問題に対応すると約束した具体策を撤回。ワシントンで9~10日に開いた閣僚級貿易協議も不調に終わったため、米政権は強硬姿勢に転じた。そこで商務省などが急いで禁輸措置を作成し、15日の発表に至った。

PR

PR

注目のテーマ