東京円、110円台前半

共同通信

 22日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=110円台前半で取引された。

 午後5時現在は、前日比24銭円安ドル高の1ドル=110円36~37銭。ユーロは22銭円安ユーロ高の1ユーロ=123円06~10銭。

 朝方は前日に米株式市場が反発した流れを引き継ぎ、相対的に安全な資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢だった。その後は新たな取引材料が乏しく、値動きは限定的だった。

 市場では「米中貿易摩擦への警戒感から様子見ムードが広がった」(外為ブローカー)との声が聞かれた。

PR

PR

注目のテーマ