政府、日中改善でバランスに苦慮

共同通信

 日本政府高官は22日、携帯電話大手が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)製品の発売延期を相次ぎ発表したことを受け「民間の決定には関与しない」との考えを示した。政府は、華為対応を巡り、米政権の方針に足並みをそろえながらも、関係改善が進む中国とのバランスの取り方に苦慮している。

 安倍晋三首相は27日、トランプ米大統領との会談に臨む。会談では、対中圧力を強めるトランプ氏が華為問題を取り上げ、同調を求める可能性がある。米方針に追随すれば、中国側から反発を招くのは必至で、日本側は難しい対応を求められそうだ。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ