大統領訪日、貿易焦点否定

共同通信

 【ワシントン共同】米政府高官は22日、トランプ大統領の国賓訪日に関する電話会見を開き「今回の訪問目的は貿易に焦点を当てることではない」と述べた。「かつてなく強い日米同盟」を内外に示すと同時に、初めて天皇陛下に会見する国賓となることが「訪問の中心となる」と説明した。

 日米貿易交渉では、関税面を中心に主張に大きな溝がある。国賓訪問では対立の露呈をできる限り回避し、両国の緊密な関係や日米親善を演出したい考えとみられる。

PR

PR

注目のテーマ