文化を尋ね平和を知る 「尾張徳川家の至宝」展 徳川義崇・徳川美術館館長に聞く

香、能、茶の湯…武家の教養として、大切に受け継いだ道具が並ぶ

 名古屋城を居城とし、江戸時代を通じて徳川将軍家に次ぐ家格を誇った尾張徳川家。その大名家に受け継がれた数々の道具や美術工芸品を紹介する「尾張徳川家の至宝」展が、福岡県太宰府市の九州国立博物館で開催されている。展覧会場の様子を紹介するとともに、展覧会に寄せて、徳川義崇・徳川美術館館長に財団や美術館設立に尽力した十九代当主、徳川義親(1886~1976)の思想や人となりを聞いた。

 徳川美術館(名古屋市)は徳川家康の遺品を中心に、尾張徳川家の初代義直(家康の九男、1600~50)以下、歴代当主と奥方の遺愛品を収めています。その数は国宝や重要文化財を含む1万数千件。家康は死後、神格化され使用品はありがたい物とされましたが、武具や刀剣、茶の湯道具などのほか足袋や下着など衣類も残っています。道具帳に由緒来歴が残っているのが大きな強みです。これらの品を公の財産とし研究に資するため、1931(昭和6)年に財団を設立して35年に美術館を開館したのが、私の曽祖父の十九代当主、義親(よしちか)です。

 義親は多彩な顔を持つ人でした。元藩主らの生活基盤をつくるため北海道で開拓村の整備に尽力したり、シンガポールではラッフルズ・ミュージアムの館長として、捕虜の英国人研究者らと美術品や文化財の保全、調査にあたったりしています。

 所蔵品の一つで、すでに国宝に指定されていた「源氏物語絵巻」の複製制作にも26(大正15)年から取り組みます。12世紀に制作された絵巻は傷みが激しく、義親は、美術工芸品は多くの人に見てもらってこそ意味がある、古今人々を魅了したこの絵巻をオリジナルに近い形で世間に知ってもらうにはどうしたらいいか悩んでいました。肉筆模写や写真印刷、岩絵の具を使った木版刷りによる複製が、戦中戦後の混乱を挟み、多大な労力をかけて製作されました。

 義親は何を残そうとしたか。義親は大名文化を実体験した最後の世代ですが、大名という身分が無い今日では過去の文化と言わざるを得ない。文化とは、ある時代の中で特定のくくりができる人たちが共通に持つ認識や習慣です。大名文化は大名として暮らし、人付き合いをする上でたしなんでおく武術やおもてなしの茶の湯、教養としての書画や歌、能などです。支える身分がなくなった文化は構成要素をきちんと残しておく必要がある。大名がやらなくてはいけなかったこと、好きだったことを残さないと忘れ去られ、捨てられると考えたのです。

 大正から昭和へと、戦争や天災、金融恐慌によって華族が没落し、伝来の大名道具の売り立てが頻繁に行われるのを義親は目の当たりにしました。見た目のきれいな美術工芸品ならともかく、古く傷だらけの鎧兜(よろいかぶと)も子孫にとって先祖伝来の大切な品です。持つべき人がきちんと持ち、来歴を語らないと二束三文の道具になってしまいます。

 展覧会場に並ぶ品々は260年近い天下太平の時代に華開いた武家文化の形です。私は文化を守るということは平和を守ることだと考えます。文化の保存を通じて平和の尊さを語る。大名文化の至宝は、平和の時代でないとできないことを見る人に再認識してほしいとの思いが、義親に美術館を作らせたのではないかと思います。

 義親は私が15歳の時まで生きていましたが、直接何かを学んだことはありません。曽祖父の考え方を知っておかなくてはいけないと思ったのは後になってからですが、その思想は今も徳川美術館に受け継がれています。義親は外国や先住民族など相手の文化や価値観を尊重し、相手を受け入れることを大事にした人です。自分たちの文化は知らないものが出てきて比較することで分かることがあります。文化は目に見えないものですが、社会の基盤を作ることで醸成され、出来上がっていくものだと考えます。
(とくがわ・よしたか、1961年生まれ、尾張徳川家二十二代当主)

    ×      ×

 ●12月8日まで 九州国博

 ▼御三家筆頭 尾張徳川家の至宝 12月8日まで、福岡県太宰府市の九州国立博物館。同博物館・福岡県、西日本新聞社、テレビ西日本、TVQ九州放送、徳川美術館主催。入場料は一般1500円、高校・大学生千円、小・中学生600円。月曜休館。問い合わせはNTTハローダイヤル=050(5542)8600。

=2013/11/08付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ