米FRB、利下げは当面不要

共同通信

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は22日、政策金利を据え置いた4月30日、5月1日の連邦公開市場委員会の議事録を公表した。参加者は「一定期間は忍耐強く情勢を見守るのが適切だ」と指摘し、利下げは当面不要との認識を示した。ただ「物価の下振れリスクが高まっている」と懸念する声も出た。

 FRBが重視する個人消費支出物価指数の上昇率は目標である2%を下回る状態が続いており、トランプ米大統領はこれを根拠に利下げを要求。市場にも利下げ観測が出ている。

 議事録によると、多数の参加者が「物価低迷は一時的なようだ」との見方を示した。

PR

PR

注目のテーマ