自由なビッグデータ流通へ協力

共同通信

OECDのグリア事務総長(右手前から2人目)と会談する河野外相(左端)=22日、パリ(共同) 拡大

OECDのグリア事務総長(右手前から2人目)と会談する河野外相(左端)=22日、パリ(共同)

 【パリ共同】河野太郎外相は22日午後(日本時間23日未明)、訪問先のパリで経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長と会談し、消費者や産業活動が生み出すビッグデータを、自由に国際流通させる際のルール策定に向け協力する方針を確認した。

 河野氏は、ビッグデータに関し「信頼性に基づく自由な流通の必要性を大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会合で各国と共有したい」と述べ、連携を要請。グリア氏は「G20の成功に向けて協力したい」と応じた。G20首脳会合にはOECDも参加する予定。

 両氏は、OECD加盟国拡大に向けた方策についても意見交換した。

PR

PR

注目のテーマ