親による体罰禁止法案で修正合意

共同通信

 親による体罰禁止を明記した児童虐待防止法と児童福祉法の改正案を巡り、自民、公明両党と、対案を提出している立憲民主などの野党は23日、実務者協議を開き、虐待した保護者の再発防止措置を努力義務とすることなどを盛り込んだ修正案に合意した。

 安倍晋三首相が出席する24日の衆院厚生労働委員会で共同提出、採決する方向で各党内の手続きを進める。「しつけ」と称した体罰を禁止する改正案は28日にも衆院を通過し、今国会で成立する見通しだ。

 自民党の後藤茂之氏は会合後「与党として野党の意見を聞いて、より良い法案にすべく、合意に向けて協議した。非常に意義があった」と述べた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ