維新、参院選で長谷川氏公認停止

共同通信

 日本維新の会は23日、持ち回りの常任役員会で、夏の参院選比例代表候補として擁立する予定だったフリーアナウンサーの長谷川豊氏が、被差別部落への差別を助長する発言をしたことを受け、当面、公認停止にすると決めた。

 今後、党内で発言の検証などを行い、参院選の公示までに立候補させるかどうかを判断する。馬場伸幸幹事長は取材に「人権問題を全く分かっていない。言ってはいけないことを勉強不足で発言している」と語った。

 社民党の吉川元・幹事長は記者会見で「人権感覚の欠如と言わざるを得ない。断じて許されない発言だ」と批判した。

PR

PR

注目のテーマ