総務省公募「BS放送新規チャンネル」への申請のご報告

PR TIMES 株式会社 ジャパネットホールディングス

~生活にワクワクを与えるコンテンツを通して、ワクワクできるものが手に入る世界へ~
株式会社ジャパネットメディアクリエーション(本社:東京都港区/代表取締役社長:高田春奈)は総務省の「BS放送等に係る衛星基幹放送の業務認定申請受付」に対し、チャンネル名「BS Japanet Next(仮)」として申請を行ったことをご報告いたします。
■申請への想い
ジャパネットグループは、”「今を生きる楽しさ」を!”という企業理念のもと、ショッピングを通して、見る人、聞く人に「今」この時を楽しんでいただくことを目指してまいりました。また、2年前の2017年からはJリーグクラブV・ファーレン長崎をグループ会社に加え、スポーツを通して地域や日本全体に元気を与えることを目指して、活動しております。

今回申請を行った「BS Japanet Next」は、世の中に埋もれた素晴らしい商品・サービス・情報・エンタメを選び抜いて紹介し、世の中のあらゆる素晴らしいものを“つなぎ”、生活の変化を通して、“ワクワク”を広げていくチャンネルになることを予定しています。見て楽しいコンテンツに加え、オリジナルスマホアプリを連動させることで、番組の中で見つけたもの、興味を持ったものなどを手軽に購入でき、見るだけではない“つながる”テレビの制作・編成を目指します。

ワクワクを与えるコンテンツ
■将来に向けて
ジャパネットグループは2023年完成を目指して長崎駅前で進めている長崎スタジアムシティプロジェクトに向けて、新会社を設立し、地域創生事業にも力を入れていく予定です。このBSチャンネルでは、その活動内容をより多くの方に知ってもらうとともに、既存の通販事業との相乗効果で、「買って楽しむ」をよりリアルに体験できる環境を生み出すことで、社会課題の解決を目指していきたいと考えています。

将来に向けて
■今後の予定
総務省により審査が行われ、年内には申請を行った9社のうち3社に対し衛星基幹放送の業務認定が行われる予定です。認定を受けましたら、2021年以降に新たな放送が開始となる見込みです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

データ提供 PR TIMES

PR

PR

注目のテーマ