社会保障を「構造改革」

共同通信

 自民党の小泉進次郎衆院議員は23日、共同通信放送協議会運営委員会で講演し、父・純一郎元首相が掲げた「構造改革」の言葉を使い、社会保障改革に取り組む意気込みを示した。

 令和の時代は人口減少が進むとして「発想を変えないといけない。構造改革により、社会保障の支える側と支えられる側のバランスを見直す」と強調した。社会や経済の支え手となる「現役世代」の定義を変えることが必要だと訴えた。

 小泉氏は党厚生労働部会長や人生100年時代戦略本部事務局長を務め、次代を見据えた社会保障改革に取り組んでいる。

PR

PR

注目のテーマ